大人気のネイリスト求人は此方からチェック

男性

編集者になるために

本

スキルと資格

編集者になるには、出版社や編集プロダクションに就職する方法があります。編集プロダクションは、出版社の下請けの仕事をしていますが、大手の出版社に就職するのは倍率が高く、採用されたからといって必ずしも、編集部に配属されるとは限りません。入社後に、営業部や事務の仕事などに配属される場合もあります。編集者になるために、特別な資格は必要ありませんが、大学の文学部などを卒業していた方が有利です。しかし、出版社はさまざまな本を出版していますから、理系の大学を出ていたからといって不利になるようなことはありません。専門書なども出版していますから、自分の得意なジャンルを活かした部署を希望することができるでしょう。資格以上に必要になるのは、好奇心や探究心です。本を作るためには幅広い知識が必要になるため、それには好奇心や探究心がなければ、一冊の本を作るのは難しいでしょう。インターネットの普及によって、出版社はしだいに紙の媒体からWEB媒体へと移行しています。これから編集者になるには、デジタル書籍を作るスキルが必要になってくるでしょう。企画を考えて、ライターやカメラマンなどを手配するのは、紙の本もデジタル書籍も大差ありませんが、使いこなさなければならないツールが大きく異なります。これからWEB媒体を手がける編集者には、コンテンツを作成するのにSEO対策などのインターネットに関するスキルや知識が必要になってくるでしょう。